盛岡三大麺の地元人気店【盛岡冷麺・じゃじゃ麺・わんこそば】

盛岡・岩手わんこそばが食べられるお店

岩手名産 盛岡わんこそば
わんこそばの「わんこ」とは、岩手の方言でお椀を意味します。わんこそばの食べ方は、始めに用意された専用の椀に盛られた蕎麦を食べ終わるや否や、給仕の威勢の良い掛け声(店によって掛け声は変わる)と共に一口大の蕎麦が椀に放り込まれ、客が降参するまでそれが延々と続くユニークな食べ方が好評です。成人男性の平均が60杯ほど。15杯でおよそ盛りそば1人分だが、8杯で盛りそば1人分とする店もある。 毎年2月に花巻で、3月には盛岡でそれぞれ大会が開催されます。

関連ページ

盛岡冷麺
盛岡三大麺と言えばわんこそば、盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺があげられます。地元で人気のお店を紹介しています。
盛岡じゃじゃ麺
盛岡三大麺と言えばわんこそば、盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺があげられます。地元で人気のお店を紹介しています。